市場の一日

卸売市場は夜にかがやく!!

西宮市卸売市場には青果業が一番多いが鮮魚、乾物などもあり、業態や店舗によって一日の動きは大きく変わる。
殆どが卸売業なので街の商店街のように一斉開店ではない。

西宮市卸売市場の青果の一日を追ってみた!!

午後8時~午前2時頃 産地からの荷物はが大型トラックで運ばれてくる。
商品によっては、お昼や夕方に来るのもあります。
午前2時まで 早いお店では、従業員も出勤
午前3時30分まで この頃には、市場全部の従業員が出勤
午前3時~4時ごろ 早く来る買出し業者の人が来はじめ、それぞれがセリではなく相対取引という業者とお客が一対一で売買していく。
午前8時30分ごろ この頃には殆どの店舗が売買を終わっている。
買い出し業者が引いた後、残った商品の片付けや、配達分の荷分け、伝票の整理・帳面、産地への相場の報告など各店舗での事務作業がはじまる。
正午ごろ 終業時間は店舗によって違うが、昼までに終わっているところが殆ど。順番にシャッターが閉まって行く。

市場の中で、スーパー等と取引している業者は、商品ごとの袋詰めや細かな荷分けがありスーパーの店舗ごとに配送したり集配センターに配送したりしている。

スーパーと取引しているところは、夕方ごろまでのところもある。

[ 広告 ]

バナー広告募集中 丸栄商事 ban_isshin